昨今 家族葬は増加している

昨今 家族葬は増加している

昨今 家族葬は増加している 昨今多くの人が参列する一般葬が減って、家族やごくわずかな知人だけで見送る家族葬が増加しています。それは一般葬では大勢の参列者に気を配らねばならず、家族がゆっくり別れを惜しむ暇もない形式ばった葬儀が進行していたことが大きな理由です。これまでは葬儀に別れを惜しんで参列する人だけでなく、亡くなった人と生前の関わり合いもなく、顔や名前も知らずにただ義理の付き合いだけで出席するケースも多く見られました。家族葬では故人と深い関係のあった人だけで静かに見送ることができます。
そこではお互い悲しみを共有し、共通の思い出も語ることができます。一般葬では行えないような心のこもった葬儀となるのです。また葬儀にかかる費用が安くて済むことも増加の理由の一つとなっています。これまでは100万円を軽く超えていた費用が場合によっては半分近くまで減らすことができます。無駄な費用を省いて心のこもった見送りができる、それが増加の理由なのです。

家族葬が増加している理由

家族葬が増加している理由 故人との最期の別れである葬儀ですが、最近は小規模で参列者が親族のみ、それ以外は居ても極少数の親しい友人のみという、家族葬が増えています。
その理由は、現代人の価値観が変化してきたからです。

昔は参列者は多ければ多いほど、それが故人の人望に繋がっていて、故人の慰みになると考えられていました。
しかし今ではそう考える人は老若男女減っており、大勢の見知らぬ人に見送られるよりも、親族など深い仲の人に見送られたい、と考える人が増えています。
また、介護や介護施設にお金を掛けてしまったから、葬儀でまで金銭的な負担をかけるのは避けたいと、経済的に申し訳無さを感じて、小さな葬儀を望む高齢者も増加傾向です。

葬儀をあげる側としても、参列者が多い葬儀では、忙しさで故人を偲ぶ時間もありません。
それなら家族葬にすることで、故人との最期の時間を大事にしたいという意識に変化してきています。
費用を抑えたいからという単純な理由ではなく、こうした双方の価値観と意識が変化したからこそ、家族葬が増えているのです。