未経験者のための家族葬情報サイト

家族葬で集まる人数はどのくらい?

家族葬で集まる人数はどのくらい? 家族葬は、家族など少人数で行われる葬儀です。
近親者や特に親しかった知人のみを集めて行われます。
別段何人までが家族葬であるという定義はありません。
取り扱っている葬儀社によってもまちまちです。
ただし、おおむね20人から30名以下ほどが目安です。
それを超えるようなら、一般葬ということになるでしょう。
小規模であるが故に、オリジナリティーあふれる葬儀にすることができ、故人の思い出となる品を展示して思い出を語り合うというような葬儀を行うことが多いです。
一般葬とは異なって、小規模でオリジナルな葬儀を行うということで、やや特殊です。
そのため、利用する葬儀社を選ぶ際には家族葬を得意とする業者を選んだほうが円滑です。
すでにある程度のノウハウを持っているため、柔軟な対応をしてもらうことができます。
一般的な葬儀社では対応できるかどうかわからないことも、得意としているだけあって対応してもらうことのできるケースが非常に多いです。

家族葬における制限

家族葬における制限 家族葬は、非常に新しい葬儀形態であり業界でも制限や定義が確立されていないのが現状であり、遺族数人の葬儀も参列者が100人を超える葬儀も業者によっては恥ずかしげも無く自社のサイトに家族葬として掲載しています。
その為、この葬儀に対する制限は一切存在せず、遺族の依頼によっては僧侶による読経や位牌を載せる祭壇及び焼香台すらない葬儀も行われ、プロの演奏家達の生演奏によるオーケストラ葬やジャズ葬などの音楽葬も数多く行われています。
家族葬は、葬儀規模を小さくして費用を削減すると共に憔悴し切った遺族の精神的かつ肉体的な負担を軽減する葬儀形態ですが、遺族や故人の希望するオンリーワンの葬儀を執り行う事が出来ます。
現在では、遺族だけで無く故人が生前に故人自身が納得出来る葬儀を自分でプロデュースするケースも増えており、葬儀費用を削減する当初の目的が薄れた非常に高額な家族葬をプロデュースして貰う遺族も増加傾向にあります。