家族葬の場合の香典

家族葬の場合の香典

家族葬の場合の香典 最近増えてきている家族葬ですが、このような場合は香典はどうすれば良いのか悩みますよね。一般的には要らないものとされています。実際家族葬の場合には辞退されるケースが多いです。元々家族葬は内輪だけで小さく行い、お返し等の煩雑さを省くため、という考えの方も多いからです。
勿論受け取られる方もいらっしゃいます。なので一応準備しておいて、断られたら無理に渡さずにそのまま持ち帰りましょう。無理に渡せば却って迷惑になるので気を付けて下さい。
他にも会費制という場合もあります。葬儀の後に会食を予定していて、その会費として頂く場合もあります。その場合には事前に連絡が来ますので、その通りに従いましょう。
また、香典の相場ですが、自分の親の場合は5万から10万円、兄弟とその配偶者には3万から5万円、祖父母やおじ、おば、姪甥は1万~3万、親族以外は大概5千円から1万円になります。家族葬で特に何も喪主がおっしゃらない場合には一応用意しておくのがマナーです。

家族葬にふさわしい服装についての基本的なマナー

家族葬にふさわしい服装についての基本的なマナー 家族葬に参列する際にふさわしい服装は準喪服になります。男性はブラックスーツで、女性は黒無地で光沢や透け感をおさえたワンピースかアンサンブルが適している装いです。夏だと半そでで大丈夫ですが、スカートの丈が短すぎない物を選びます。家族葬はやや略式の服装をする事が多く、平服でお越しくださいと連絡がある場合は準喪服が該当するので注意が必要です。
家族葬はアクセサリーをつけないのが基本になります。真珠をつける場合は一連の物にするのが大事です。学生の場合は制服を着用しますが、制服がない場合は黒で揃えます。基本的に家族葬での装いのマナーは通常の葬儀と同じで礼服が基本で着です。夫婦で参列をする場合は、どちらかが正喪服なら合わせるように注意をします。通夜だけ参加する場合は、黒い洋服で伺うのが良い方法であり、控えめにすると良いです。基本的に地味で控えめな洋服にして、カジュアル過ぎない事が参列する際に注意が必要になります。