自宅で執り行う際のポイント

自宅で執り行う際のポイント

自宅で執り行う際のポイント 葬儀は場所を借りて行うものというのが、近年の主流となっていますが、家族葬で規模も小さいとなれば自宅で執り行うという選択肢もあります。
一戸建てかマンションやアパートかなど、執り行えるのかは違いがあります。
マンションやアパートで許可がおりている場合でも、部屋の大きさや数が十分ではないと自宅で葬儀を行うことはできません。
葬儀を執り行う部屋の広さが6畳あるかが、ポイントの一つとなってきます。
柩と祭壇のスペースで必要となるサイズであり、棺を搬入できる入り口があるのかも大切です。
参列者の人数によっては、6畳間がもう一つ必要になります。
僧侶に読経を依頼するとなれば、控室になるスペースも追加で一つ必要になるので、大きさや数をしっかり考えておくべきです。
自宅で葬儀を行うことは、イメージしているよりも準備にも手間がかかり、きちんと考えておく必要があります。
家族葬だから小さなスペースで一つだけで良いと判断するべきではありません。

家族葬をホールで執り行う流れや選ぶコツとは

家族葬をホールで執り行う流れや選ぶコツとは 葬儀を執り行う際に、近年選択肢の一つとして当たり前の存在となっているのが、家族葬ではないでしょうか。
規模が小さく参列者も少ないので、精神面の負担を減らせるのはもちろんのこと、金銭面の負担も大幅に減らせるというメリットがあります。
利点が多いことは確かですが、家族葬を選ぶ際には会場の規模に注意しておくことも忘れてはいけません。
ホールで執り行うことが増えており、選択肢も豊富になりました。
ホールがあまりに広いとなれば、人数が少ない家族葬ではかなり寂しい雰囲気になってしまいます。
しかし小さすぎる会場と良いとはいえません。
葬儀当日になり、家族葬と知らない人が急遽参列するというケースもあり得ます。
その際にはきちんとした対応をしなければならないので、知らずにやってきた人のことも考え、少し余裕のある大きさの会場を選んでおくと良いのではないでしょうか。
会場の規模が大きくなれば、その分金銭面の負担も増えることになるので、よくバランスを考え適している大きさを選ぶことがポイントとなってきます。