未経験者のための家族葬情報サイト

家族葬は、都市部で主流となっている身内だけで行われるという新しい葬儀スタイルであるため、従来の葬儀とは違うルールがあります。
参列者を限定するスタイルであることが第一のルールであるため、参列を断る方に対しては十分な説明や理解を求めることが重要になります。
そして家族葬の場合は香典を辞退する場合が多いため、無理に渡そうとする方に対しては、故人の意志により香典を辞退している旨を伝え、丁寧にお断りする必要があります。

家族葬の暗黙のルール

家族葬の暗黙のルール 家族葬は身内だけで行われるという特徴があり、都市部では主流になっていますが、従来の葬儀スタイルとは違う部分も多いため、どのようなルールがあるのか分からないという方も多いでしょう。
そこでまず知っておきたいのは、家族葬は参列者を限定するスタイルであるということです。
本来であれば呼ぶべき方を呼ばないということが起こってしまうので、そうした方に対しては十分な説明をして理解をしてもらうことが重要になります。
そして、家族葬の場合は参列者が少ないため香典を辞退する場合が多いというのも暗黙のルールの一つだと言えます。
それでも香典を渡そうとする方もいますが、その場合は、故人の意志により香典を辞退している旨を伝え、丁寧にお断りする必要があるでしょう。

家族葬は何親等まで呼ぶの?

家族葬は何親等まで呼ぶの? 家族葬とは、身内の家族などごく近親者のみで行う小規模な葬儀のことです。
亡くなった方の勤務先の上司や同僚といった関係者や、近隣に住む方々などの弔問はお断りすることが多く、身近な人のみが集まって見送るというのが特徴です。
最近は、家族だけで静かにお見送りたい、という気持ちから家族葬を選択する家族が増えてきています。
実際に行う場合、どこまでの関係者を呼ぶのか、家族といっても何親等までであるのかが迷うところです。
家族葬に厳密な決まりはありませんが、基本的には配偶者と子供、孫までと考えられていますので、2親等までといえます。
とはいえ亡くなった方の意向があれば、兄弟姉妹を呼ぶこともありますし、家族でなくても親しかった友人を呼ぶこともあります。
家族葬は、形式ばらずに身内のみで温かく見送れる、というところが長所ですが、一方で周囲に葬儀のことを知られないように配慮しなくてはならないというデメリットがあります。
訃報を聞いて訪れようとしてくださる方に対し、失礼のない対応をしなくてはなりません。
核家族化が進んでいる日本では、家族のみという葬儀は負担なく小規模で行えるという点で好まれますので、今後もこういった葬儀のスタイルが増えていくといえます。

家族葬の情報サイト

小山の家族葬で見送る